top of page

新築住宅設計事例
漆喰+HOUSE 漆喰塗りの住まい(姫路市/2022年竣工)

漆喰塗りの住まい
漆喰塗りの住まい
press to zoom
20220802-011_edited
20220802-011_edited
press to zoom
20220802-152
20220802-152
press to zoom
20220802-024
20220802-024
press to zoom

姫路市内に建てられた漆喰塗りの住まい。

この建物は、外壁と内壁のほとんどを漆喰塗りで仕上げています。

外観はゆったりと落ち着いた佇まいとなるように設計しました。

延べ床面積が大きい建物なので、外観上に威圧感が出ないように、軒高は低く抑え気味の寸法とし、軒の出は深く伸ばすことによって、全体的に上品なボリューム感に仕上げました。

床材には全て床暖房に対応した厚めの無垢材のフローリングを採用し、主に樹種はウォルナットとし、その他オーク、桧を選んでいます。

当初は全館空調をご希望されていましたが、長期的なメンテナンスやご予算を考慮し、1階床下エアコン方式+2階各室エアコン方式を採用しました。

1階が主に家族全員で過ごすリビング・ダイニング・キッチンや和室、水廻りとなっており、床下空間を伝ってエアコンの空気が出る空調ガラリが各室の床面に設けられています。

2階は各自の体感の個人差があるので、各室にエアコンを設置しています。

薪ストーブがダイニングの吹き抜け空間に設置されており、煙突内の温められた空気が室内全体を暖めてくれます。

吹き抜け天井面に設けたシーリングファンにより、暖房・冷房時期それぞれに応じた空気のコントロールができます。

リビングのそばに設けたお子さん用のワークスペースの床は少し下げられており、モノが視線的に隠れやすいように工夫してあります。

ご夫婦の寝室のベッドは造作とし、ベッド下収納と間接照明を備えた形になりました。

広々としたウッドデッキの先には、クライアントこだわりの樹木が植えられた芝生の庭がひろがっています。

bottom of page